副業で稼いだら確定申告が必要です

少しでも手取りを増やしたいと、多くのサラリーマンやパート勤務の主婦などがメインの仕事以外に仕事をしてお金を得る、いわゆる副業をしている人増えています。

 

副業をするにあたり、必要となってくるのが確定申告です。

 

名前は知っていてもめんどくさくて行っていないの人も多いですが、もしもそれが税務署にばれてしまうと追徴課税を支払わなくてはならないので注意しましょう。

 

確定申告の期限を切れてから注意されることになるので、もしも税務署から連絡があってから支払う場合は税金支払い額の15〜20%を、税務署から連絡がなく自主的に行った場合でも、申告期限が切れていれば5%を納めなくてはならなくなるので気をつ行けましょう。

 

 

ばれないからといっても基本的に副業で稼いだ収入が年に20万円を越えてしまった場合には確定申告することは義務となっているので、必ず申告に行きましょう。

 

また、正社員として働いていて、会社に内緒で副業をして収入を得ている人はさらに確定申告が重要となってきます。

 

会社によって規則は様々ですが、基本的に副業を禁止しているところがほとんどですので、それを破った場合は訓告で済めばいいですが、減俸や懲戒処分などの罰則を受けることになりかねません。確定申告をして住民税や所得税の支払いを自分で納めるように普通徴収という方法で行うようにしましょう。

 

 

副業とはいっても様々なものがありますが、税金の法律上では副業という所得区分は実はありません。
個人が何らかの仕事で税金を支払うことになる儲け、いわゆる所得とは「〜所得」と分類されます。

 

 

正社員やパートで働いて得た給料は「給料所得」、マンション・アパート経営等で得た収入は「不動産所得」、個人で会社を経営してりるいわゆる個人事業主として得た収入は「事業所得」など、その収入を得る方法によって所得が区分されています。

 

 

ですので、収入がどの所得に入るかで計算方法が変わってくるので、自分の行っている副業の収入がどの所得に入るかをちゃんと確認しておく必要がありますよ。

 

副業といえばバイトやパートなどのイメージが強いと思いますが、インタネットでのオークションやフリーマーケットなどを利用して得ることも副業をいえますが、これらはどうなってくるのでしょうか?実はオークションやフリーマーケットでの収入は一般的には大きく儲けが出ることはなく、小遣い稼ぎ程度ですので、法律上は雑所得という扱いになります。

 

 

雑所得とは総収入額から必要経費を引いた額となるので、つまりオークションやフリーマーケットでの売り上げがそのまま収入という扱いになるわけではありません。
その得た売り上げ商品を仕入れた額(いわゆる原価)や交通費、商品を包む包装紙など、出店料などそれらの金額を引いた額で算定することができるのです。

 

 

そのため、たとえ売り上げが20万円を越えていてもそれらの金額を引くことができるので確定申告をする必要がなくなります。

 

 

基本的に小遣い稼ぎ程度の収入であれば、雑所得が20万円を越えていてもオークションやフリーマーケットで売ったものは生活用動産といって、家具や衣服などの生活に必要な物を売った場合は非課税となるので、税務署もそこまで厳しくは見てこないのが現状です。

 

 

ですが、もちろんあまりも多く稼ぎ、生計を立てることができるような金額を得てしまうと事業所得というあつかいになることもあり、もちろん税務署が黙っていませんので注意しましょう。

 

副業でも得た収入の額やその所得の扱いによって確定申告の有無が変わってきますので、自分の副業がどれにあたるかしっかりと確認しておきましょう。