ダブルワークで働く人はどんな職種が多いの?どうやって探すの?

ダブルワークという言葉を聞いたことはありますか?

 

これは簡単にいえば仕事の掛け持ちのことです。本業の仕事とは別に、休日や仕事後などにバイトをすることや、アルバイトを複数掛け持ちすることをいいます。

 

最近では景気が悪くて残業が減ったり、昇給が少なかったり、ボーナスカットなどもあり、手取りが変わらないどころか逆に減っている人もいます。

 

そのためダブルワークを行って給料以外の所得を得ている人が増えています。

 

ダブルワークをしている人は、どんな内容のバイトをしているのでしょうか?

 

よくあるものでは、コンビニ・新聞配達ですが、ファミレスや工場内でのライン、体力に自信のある人では工事現場などの土木関係、交通整理、日雇いなどでの引越などがあります。

 

どの仕事も時間帯を選ぶことが出来るため、仕事後の時間や早朝・深夜、中には休日を返上して行っている人もいます。

 

自分の都合のよい時間帯にバイトを探すのが難しいと思っていませんか?

 

そんなことはありません。昔みたいにバイト情報誌で探していてはなかなかみつかりませんが、今はインターネットを利用すれば簡単に見つけることができるんですよ。

 

 

アルバイト情報サイトのバイトルなら、常時7万件以上の求人を取り扱っており、その中から自分の希望する勤務地や希望日、時間帯で探すことが可能なんです。

 

 

また、ダブルワークがOKかどうかも検索項目にあり、求人情報の項目の中にも「ダブルワーク可能」との記載がされているため、いざ面接をしたり働いてからダブルワークが禁止のバイト先だった判明してトラブルになることを避けることが出来ます。

 

 

勤務の希望日や時間帯も事前に登録しておくことで、その条件に合った求人情報が出た時にメールで知らせてくれるサービスもあります。そのため忙しくてなかなかバイトを探すことが出来ない人でも一度登録をしておけば、バイトルから求人を知らせしてくれるので、とても簡単にバイト先を見つけることができちゃうんですよ。

 

 

後はその求人の中から自分がやれそうなバイトを選ぶだけです。バイトルは1時間ごとに求人情報を更新しているので、常に新しい求人を知ることができます。いい求人があったと思ったら、とっくに募集が終わってたなんてことが少なくなりますよ。

 

 

ですが、ダブルワークをするのには注意点があります。法律上は勤務時間以外に働くことは違法でもなんでもないみたいですが、会社の企業規則には禁止されていることが多いため、行う際には確認しておいた方がいいです。

 

 

バイトの収入が年間20万円以内なら問題無いのですが、それ以上になると住民税が変わってくるため、経理の人が見たらダブルワークしていることが分かってしまいます。

 

手取りを増やす為に行ったバイトで、本業を失うなんてことがないように気を付けましょうね。