税金関係が自分で対処できないならプロに任せるのがベスト?

仕事をしながら他の仕事をする、いわゆる副業をしている人はたくさんいます。

 

副業といってもその種類は人それぞれであり、収入も大きく異なります。小遣い稼ぎ程度の数万円程度から、本業の収入以上を稼いでしまっている人もいます。

 

副業での収入で大きく稼いでいる人は少なく、大抵の人が多くても数万くらいですが、数十万円以上も稼ぐ人もいます。収入は人により異なりますが、収入が増えてきて大きく変わってくるのが税金です。

 

 

税金は所得に応じて税率が変わってきますし、沢山稼いでしまうとそれだけ税金が上がっていきます。

 

 

また、収入に応じて住民税も変わってきます。本業にバレないために自分で確定申告をする人もいますが、自分で行うのには限界が出てくるかもしれません。また、収入
が増える程税金が上がってくるため、少しでも支払う税金を下げるために行うことと言えば税金対策です。

 

 

税金対策をしておく事で何もしないでいるよりもかなりの金額を支払うことなくする事が可能です。

 

 

こういった税金対策をしようとしても自分で用意の行うことはかなりの知識が必要ですし容易ではありません。そのため、多くの人は税理士に依頼することになります。では、副業でどれくらい稼いだら税理士に相談するべきなのでしょうか?

 

 

まず副業で得た収入は、副業だとは言っても立派な収入です。そのため、一定の金額を超えると雑所得から外れて申告をする必要が出てきます。その金額は年間に20万円です。20万円以上が超えると確定申告をして、正しい所得を申請して不足分の税金を納めなければいけないのです。

 

 

これを怠ると本業の会社に副業がばれてしまう可能性が出てきます。この確定申告には2種類の方法があります。青色申告と白色申告です。白色申告は申請内容が簡単であり、詳細に領収証等を出す必要がなく大雑把な申請方法です。

 

 

容易にできる為自分でも行いやすい反面、節税効果は少ないです。金額をかなり稼いでいる人は節税効果が大きな青色申告が良いでしょう。青色申告は申請がかなり細かく、書類の用意や書類への記入などの不備があると返却される可能性が高いのです。

 

 

申請内容に間違いがあってはいけないため、自分で行おうとすると何度も返却されてしまって心が折れてしまう人もいるくらいです。手間がとてもかかる反面、利益控除と言う大きなメリットがあります。

 

 

青色申告をすると利益から10万円が控除され、賃借対照表を作成すると、なんと65万円も控除対象となるのです。

 

 

青色申告は申告が細かく間違いがないようにしなければいけませんが、税金の控除が大きい分無駄に支払わなくてよくなるのです。ですが、それだけ手間が掛かりますし、司式も時間も必要となります。

 

 

 

そのため、青色申告をするのであれば個人で行うよりも税理士に依頼するほうが無難です。税理士に依頼すればもちろん依頼料がかかりますが、年収が500万円くらいであれば費用は数万円程度なので、それだけで申請する手間が省け、深刻を何度もやり直すというリスクがなくなります。

 

 

 

年収によって税理士に支払う金額は異なりますが、副業での収入が50万円以上を超えてくるようであれば税理士に依頼しちゃいましょう。自分で青色申告は出来ますが、何度も申請をし直す事を繰り返していると、申告書類の提出期限が切れてしまい、追徴課税が掛かって無駄に税金が高くなってしまう可能性があります。

 

 

 

せっかく得た収入から無駄に税金を余分に支払うことになったら元も子もないですよね。書類の準備や記入などに時間が掛かりますし、そういった知識を付ける必要があるのが、税理士に依頼すればそういったこともなくなります。

 

 

税金対策として様々な方法と提示してくれますので、そういった知識に対して支払うお金と思えば、手数料も安いでしょう。副業で数十万円以上も稼いでいるのであれば、ちゃんと青色申告をするために、税金のプロである税理士に依頼して無駄な税金を支払うことがないようにしましょう!