収入が多ければお金を支払っている量も多いんです

何かしらの方法でお金を手に入れている人、つまり収入がある人にとって税金は避けては通れません。

 

 

税金と言うのは人によって一律ではなくその人ごとによって異なります。収入と税金は切っては切れない関係にあるのです。収入と税金の関係を知っておかないと、無駄に多くの税金を支払うことになってしまうかもしれないので注意しましょう。

 

 

逆に収入によってどれくらいの税金がかかるかなどを知っておくことで無駄な税金を支払うことを避けることができるので、ちゃんと把握しておく方がよいでしょう。

 

 

税金で一番なじみがあるのが所得税でしょう。

 

所得税とは、年間の所得つまり年収にたいして発生する税金のことで、この金額は所得によって大きく異なります。

 

195万円以下であれば税率は5%で控除額はO円、330万円以上695万円以下では税率は20%、控除額は427500円、695万円以上900万円以下では税率は23%、控除額は63600円、900万円以上1800万円以下では税率は33%、控除額は1536000円、1800万円以上4000万円以下では税率は40%、控除額は279600円、4000万円以上では税率は45%、控除額は4796000円となっています。

 

 

これをみればわかるように、所得が増えるごとに税金は上がっていく仕組みになっており、つまりお金持ちほど多くの税金を支払っていることになります。

 

 

4000万円以上を稼いでいる人はなんと税率が45%にもなるので、仮に6000万円の所得がある人は2700万円もの税金を支払っているのです。

 

 

この制度は頑張って稼いだとしても一定の金額を超えてしまうと多額の税金を支払うことになってしまうことになり、お金持ちほど多くの税金を支払うことになるので公平とは言えませんよね。

 

 

こんな税金では海外にお金を回したりして節税する人が絶えないのもしかたがありませんよね。

 

国はお金持ちはお金をたくさん稼いでいるのだから、そこからたくさん税金を支払わせればいいとか考えちゃうみたいですが、お金持ちの人はすでに多額の税金を納めているのです。

 

 

年収の低い人はついお金持ちに対してひがみの気持ちもあって年収の多い人に税金を支払わせて欲しいと思っちゃいますが、実はお金持ちの人ほど多くの税金を支払っているということを知っておいた方が良いでしょう。

 

 

年収が500万円の人では税率が20%なので100万円で済みますが、年収が倍の1000万円の人であった場合は税率が跳ね上がり、33%にもなるため、所得税はなんと330万円にもなるのです。年収が倍でも、支払う税金は3倍以上にもなっているのです。

 

 

 

年収が500万円の人は手取りで400万円ですが、1000万円の人は670万円にしかならないのです。

 

 

お金持ちの人ほど損になっているというわけです。そのため、所得の多い人のほとんどが無駄な税金を支払わないように、年収を制限したり、経費などで所得税のかかる額を減らそうと税理士などに依頼をして、節税対策をしているのです。

 

 

 

また、誰かの扶養になっている人でバイトやパートなどをしている人も税金に対して知っておく必要があるでしょう。

 

 

バイトやパートなどで稼いだ金額によっては扶養から外れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

 

103万円の壁、130万円の壁という言葉を聞いたことのある人も少なくないかもしれません。

 

 

 

不要となっている人は、年収が103万円以内であれば所得税がかかることはありません。そのため、多くのバイトやパートの人はこの103万円以内に抑えるように働いているのです。

 

 

 

また、年収が103万円〜130万円以内であれば、所得税はかかってしまいますがその金額はさほど大きくはなく、税率は5%なので多くても6万円程度で済みます。ですが、年収が130万円を超えてくると大変です。

 

 

 

この金額をこえると扶養から外れてしまうことになり、社会保険や健康保険などの社会保障費を自分で支払う必要が出てきてしまうのです。

 

 

129万円の人と131万円の年収の人では、扶養が外れるか外れないかの違いによって、手取りの額が大きく異なってしまうのです。

 

 

せっかく家計のためにと頑張って働いていても、130万円を少し超えるくらいの年収になってしまった場合は、120万円台の人と比べて大きく損をしてしまうことになりかねないので、自分が年間でいくらくらい稼ぐかをしっかりと確認しておくといいでしょう。

 

 

 

 

以上のように、収入と税金とは切っても切れない関係にあります。基本的に多く稼いだ人ほど多くの税金を支払うことになるため、自分の所得がいくらくらいで、どれくらいの金額を稼いでしまうと税率が上がってしまうのかもしっかりと把握しておきましょう。

 

 

 

可能であれば、税理士などに依頼をして、無駄な税金を支払うことがないように節税をするといいですよ。税金は支払うのが国民の義務ですが、少しでも支払う税金を少なくしたいですよね。