正社員へのステップアップはかなり難しい?!

アルバイトから正社員というのは、正社員で働きたいと思っているアルバイトの人にとっては誰しもがあこがれることではないでしょうか?

 

 

正社員とアルバイトでは条件が全く異なり、どちらもメリット・デメリットは存在するものの、間違いなく正社員の方が条件はよいですし、アルバイトから正社員になりたいと思っている人はかなり多いのではないでしょうか?

 

 

アルバイトのメリットは、やはり責任が正社員と比べても少ないことと、勤務時間が短く、また休みも正社員よりも自由に取りやすいことではないでしょうか?

 

 

その反面やはり正社員の責任が大きい分、給与面や社会保障などの面では正社員の方が圧倒的に手厚いですし、なにより社会的な信頼も高くなります。どれだけアルバイトでたくさん稼いでいたとしても、ローンを組んだり、金融機関で融資を受けるなどは、アルバイトでは断られることが多く、正社員の方が社会的信頼が高くなっています。

 

 

ですが、そんな簡単にアルバイトから正社員になれるものなのでしょうか?

 

答えはノーです。やはりアルバイトから正社員になるという人はアルバイトの中でもごくわずかであり狭き門といえます。

 

確かに正社員で欲しかった場合はアルバイトの募集とは他に正社員で採用しますし、正社員になるためにはそれなりの条件があるでしょう。まず、第一にアルバイトから正社員への登録制度があり、かつその実績のある会社でなければまず正社員となることはないでしょう。

 

 

 

アルバイトをする前に正社員登録制度があるのかどうかも確認しておくと良いかもしれません。

 

 

また、職種によってもバイトから正社員になりやすい物があるようです。職種によってかなり変わっては来ますが、正社員登録制度を持っている職種としては、It関連、アパレル関連、飲食店、警備員、ホテルのスタッフなどです。職種によっても異なりますが、たいていは仕事の技術であったり、スキル、接客技術などが必要とされる職種だと思います。

 

 

 

特にIT関連となると、パソコンなどを扱う技術に長けている必要がありますし、アパレルや飲食店などは接客技術がしっかりしていないと正社員となることは出来ないでしょう。技術も長けていることはもちろんですが、会社に対して正社員として採用してでも我が社で働いて欲しいと思われるような人材でなければならないでしょう。

 

 

 

会社としてはアルバイトで雇っていた方が人件費もかかりませんし、いざというときに首を切るのはもちろんアルバイトからです。

 

 

正社員で雇うということは会社としてもリスクが発生することになるのです。そのため、会社に対してこの人を正社員で雇いたいと思わせるような働き方や技術を示さないとまず正社員としては採用されないでしょう。

 

 

その会社に必要な技術、IT関連だったらパソコン関連のノウハウや技術、資格など、飲食店であれば正社員並みに働ける働き方、接客技術など他のバイトを差をみせることも重要です。ホテルのスタッフであれば、接客技術はもちろん、ベッドメイキングなどがてきぱきと行える必要があるでしょう。

 

 

どの職種であっても、正社員並みに動けて、かつ他のバイトとは明らかに違うと言うことを会社側に示す必要があるのです。

 

 

 

会社に雇いたいと思ってもらえるように意識して働くことが重要ですので、もしもバイトから正社員になりたいと思っているのであれば、働き方を変えてみましょう。また、もしも正社員での採用の話が来ても、即答はせず、まずは会社の制度や福利厚生などをしっかりと確認してからにしましょう。

 

 

 

悪い条件で正社員として採用されたなんてことにならないようにしましょうね。離職率なども確認しておくことも大事です。離職率が高いということは、それだけ何か原因があって人が辞めて言っているため、自分も再社員になったとたんに仕事量が増えて辞めざる終えなくなったなんてことになりかねません。

 

 

正社員になることはとても名誉なことですが、まずは条件をしっかりと確認した上で契約しましょう!