副業ってやったらだめな風潮がありますよね?

景気の悪いこの時代、本業の仕事とは別に働く、いわゆる副業をしている人が増えています。

 

副業することで本業の給料に追加してお金を手に入れることができるため、給料が上がりにくい昨今において一番手堅く稼ぐ出来る方法です。

 

 

株やFXなどでお金を稼ごうとしている人は多くいますが、これらは損失が出る可能性もあるいわゆるギャンブルですので安定して稼げるとは言い難いです。

 

 

その点副業として別のところで働くことは働いた分だけ稼ぐ事ができるので損失がでることはありません。

 

 

でも、副業を行うにあたってみんなが心配していることがあります。

 

 

それは本業をしているのに副業をしてもいいのかどうかです。実際副業を禁止している会社もあり、副業をした人に対してなんらかのペナルティを課している会社があるのも事実です。

 

 

 

ですが、本業での業務時間以外は基本的に自由なはずです。自由な時間になにをしようが個人の自由なのではないでしょうか?

 

 

副業をやってはいけないという副業禁止の法律というものは果たして存在するのでしょうか?

 

副業と法律について

まず副業を法律で禁止されている職業はあります。それは公務員です。

 

公務員は法律によって副業は禁止されており、それを破って働くと懲戒処分となります。
訓告で済めばいいですが、働いた内容によっては減棒や下手すると懲戒解雇にもなり兼ねません。

 

 

実際に、学校の教師が風俗店で働いていて懲戒処分となってしまったとう事案も起きています。

 

 

公務員はその立場上、公務員としての信頼を失墜させるような職についたり、副業によって業務に支障をきたしたり、公務員の立場を利用して仕事を斡旋してもらうことがないよう、副業をすることは原則として法律で禁止されています。

 

 

 

家庭の事情など致し方ないことは、各自治体の許可を貰う事で副業化可能になる事も有るそうですが、あくまでも特例らしく基本的には禁止されています。

 

 

そのため、公務員は法律的にも副業は禁止されている為行ってはいけません。

 

 

では、公務員ではない一般的なサラリーマンはどうなのでしょうか?結論から言うと法律で禁止はされていません。

 

 

会社の規定で副業を禁止しているとはいっても、従業員が就業時間以外の時間をどのように使うかは個人の自由となっています。

 

 

実際に裁判でも従業員側が勝訴する事がほどんどだそうです。もちろん会社の就業時間に副業をしたり、副業をすることで本業に影響するようなことがあれば別です。

 

 

 

ですが、本業に影響がない範囲で、かつ本業の仕事時間以外で働くことに関しては法律では全く問題がありません。

 

 

 

また、副業によって本業の仕事に少し影響した程度では、会社側から解雇をすることは難しいとのことです。

 

 

 

ですが、会社側からの心証が悪くなることは間違いありませんので、法律で禁止できないとはいっても会社側に許可を貰って了承してもらうか、そうでないのならばれない様に気を付けて働く必要がある事は間違いありません。