履歴書の内容も重要なんです

企業やアルバイト先などに自分を知ってもらうために必要な書類である「履歴書」ですが、これを書くことが得意なんて人はいないと思います。

 

ですが、「履歴書」はあなたの情報をただ盛り込んである書類ではありません。

 

企業やバイト先にとってあなたが必要な人材かどうかを判断するための重要な書類となります。

 

ですので、履歴書の内容が悪いだけで採用されないなんてことも十分にありえる話なんですよ。

 

では、履歴書はどのように書くのがいいのでしょうか?

 

どのように書けば好印象となるのでしょうか?履歴書の上手な書き方や印象を上げる方法は下記のとおりです。

 

履歴書の書き方のポイント

手書きで作成する。

上手な書き方として大事なのは、まずはパソコンを使用せずに手書きで作成することが重要です。何社にも送る場合はパソコンで作成すれば簡単ですが、面接する側にすると、簡単に作成できるために他の所にも求人を出しているんだを思われてしまいますし、なにより手を抜いたかのような印象を与えています。必ず手間でも手書きで書くようにしましょう。手書きの方が手間がかかる分、その手間をかけて作成したのだと採用担当者に伝わり好印象となります。

字は丁寧に

手書きで書く場合は、自分が一番書けるきれいな字で書きましょう。内容が良くても字が汚くてはイメージは悪くなります。字は人を表すといいます。時間がかかってもきれいな字で書けるように心がけましょう。誤字・脱字はもちろんですが、略語などや漢字を簡略化して書くなどは避けましょう。

経歴は正しく書く

学校の入学や卒業、会社の入社・退社などの年月日は間違いなく書きましょう。
学校名や会社名は略さずに正式名称で記載しましょう。間違えやすいのは高校で、必ず高等学校と記載するようにしましょう。
ちなみに学校は最終学歴の1つ前から記載するのが基本ですので、幼稚園や小学校などは記載しないようにしましょう。
応募に関する職種や職務に関するものがあれば、専攻や研究テーマなども詳細に記載しましょう。

志望動機は具体的に

「社風にひかれた」なんてありきたりな言葉は絶対に避けましょう。応募した理由が正確に伝わるように、この会社・バイト先で働きたいという意思・意欲が感じられる内容で書きましょう。過去の職務経験や学歴、取得している資格など、働く時に活かせるものがあれば内容に盛り込んでアピールしましょう。ただ入社するだけではなく、働いてからの将来的なビジョンや目標も記載するとさらに好印象となりますよ。

免許・資格は習得予定のものも記載する。

持っている免許や資格を記載するのはもちろんですが、今後取る予定のものや勉強中の物があればそれも載せると好印象です。向上心がある人物だと思ってもらえる可能性があります。

本人希望記入欄

特に条件がなければ「貴社規定でお願いいたします」と記載しましょう。間違っても転勤NGや給料面などの希望を載せるなんてことはしないようにしましょう。印象が悪くなりますよ。

趣味・特技の欄は必ず記載するようにする。

絶対に空欄にしないようにしましょう。
経歴や志望動機に次ぐくらい重要な項目だと言われています。面接官は同じような履歴書を山ほどみてきます。その中で他と違うところを出すのにはこの趣味や特技は大切になってきます。面接で話題になることも多いですので、絶対に記載するようにしましょう。詳しくなくてもいいので、興味があるだけでもいいので記載しておきましょう。空欄にすると趣味も特技もなく、特徴のない人物だと思われる可能性もありますので、1つでもいいから載せましょう。ですが、載せた以上は詳しくなければ事前に多少の情報は頭に入れて置く必要があるでしょう。いざ質問された時に困ることにならないようにしましょう。趣味や特技が多くても、1−2個に絞って記載するようにしましょう。大事な趣味ですが、競馬・競輪・パチンコなどのギャンブル関係は載せるとマイナスイメージしかありませんので気をつけましょう。ギャンブルが好きな面接官もいるかもしれませんが、それでも採用する側がギャンブル好きの人を選ぶかと言えばそうではありませんよね。ギャンブル関係は記載しないようにしましょう。