副業が会社にばれるのは何で?

本業の仕事とは別に副業をしてアルバイトをしているという方も少なくありません。

 

本来であれば本業をしている会社には副業をしていることを内緒にしていたかったのに、あることをきっかけに副業をしていたことが会社にばれてしまう場合もあります。
なぜ内緒にしていたつもりの副業がばれてしまったのかその理由を確認してみましょう。

 

給与所得が2社以上あり、副業(収入が少ない方)の会社から得た収入が20万円以上だった場合は確定申告をする必要があります。

 

確定申告をする際に注意しなければいけないのが住民税の支払方法についてです。
通常の場合住民税の支払は給料から天引きされる仕組みになっています。

 

これは市町村から会社に住民税額の書類が送付されることで会社が給料から差し引いて市町村に納付するという仕組みになっているからです。
本業の会社で経理を担当している人が「支払っている給料よりも税額が高くなっているのでおかしい」と思い調べてみると、実は副業をしていたことが発覚したというケースが多々有ります。

 

 

そのため会社にバレないようにするためには、住民税を支払う際に会社の給料から差し引きされないようにしましょう。

 

確定申告での注意事項

確定申告を行なう際に色々な帳票に記入することになります。
その中で「住民税・事業税に関する事項」という欄があり、住民税の徴収方法を選択できる欄があります。

 

ここで「給与から差引き」ではなく「自分で納付」にチェックすることで住民税の支払は自分で行なうことになるので本業の会社にバレるリスクは抑えられます。

 

ちなみに、「確定申告をすることで会社にバレる可能性があるのなら、最初から確定申告をしなければ良い!」という考え方は絶対にいけません。

 

 

副業先でもあなたに給与として支払ったことを証明するために「支払調書」を提出しているため、税務署が税金を徴収するために本業の会社に連絡する可能性があるからです。

 

 

本来の義務はきちんと行なうようにし、できるだけ会社にも後ろめたい気持ちをなくすためにも上司に相談しておくことをおすすめします。